更年期障害いつからはじまるの?

65歳以上の年代を、医療機関で老年期といいます。

50歳位からゆっくりと、老年期に移行していくまでの間の時間の事が、更年期です。


更年期は男女誰にでもくるのですが、女性の場合、閉経という明確な境がある事に対し、

男性には明確な境がありません。


男女共に、ホルモン分泌がされなくなる事と、出来事による変化(子供の結婚や、親の介護など)で、

気持ちや体に影響が出ることを、更年期障害といいます。


女性は一般的に、閉経前後を更年期と言う事から、45歳位から更年期障害が始まるそうです。

男性も同じ頃から、ホルモンの分泌が少なくなってきて、更年期障害が始まる方が多いようです。


しかし人によって、ホルモンバランスは違うので、始まる時期も、症状も個人差がまちまちです。


一般的には45歳くらいから始まる更年期障害なのですが、20代や30代の女性で、更年期障害が

始まる方が、増えているそうです。

原因は、過剰なストレス.喫煙.ダイエットによるものが大きいようです。


体や精神に影響が出ることが多い更年期障害ですが、生活習慣やホルモンバランスを整えることで、

始まる前より体調が良くなった方もたくさんいらっしゃるので、前向きに出来ることから取り組んで

いくのがいいようです。

更年期障害の症状と潜む危険!

100人いれば、100人ホルモンは違うといわれている程、更年期障害の症状も、

始まる時期も人によって違います。

更年期障害の症状がひどい方もいれば、無自覚の方もおられるそうです。


女性と男性、どちらにも更年期障害はあります。


一般的にどちらも、45歳くらいから、50代後半に始まります。


女性の場合、閉経の前後に女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減ることで、体温の調節が

難しくなり、ほてりと汗.物忘れ.イライラ.冷え.動機.不眠.うつなどがあります。


男性は、男性ホルモン(テストステロン)が減ることで、更年期障害が始まります。

冷え.イライラ.動機.疲労感などの症状があり、多くの男性が、ひどい疲れやだるさに悩まされて

いるようです。


特に症状の中でも注意が必要なのが、女性ホルモンのエストロゲンと、脳の関係が密接だそうで、

アルツハイマーの70パーセントの患者さんが、閉経後の女性だそうです。

物忘れの症状が自覚されたら、検査を出来る環境であるならば、念には念で、病院で検査をしてもらった方がいいようです。


又、動機やほてりが、更年期障害の症状だと思っていても、実は甲状腺異常であったり、別の病気の

症状であったりする事もあるそうなので、病院で検査をしてみる事をオススメいたします。

更年期障害、早期閉経にも効果的な治療法HRTとは

女性の場合で、更年期障害の症状は、人によって様々ですが、主にホットフラッシュ.頭痛.肩こり.疲労感.うつなどが挙げられます。


これらに効果がある治療法が、閉経と共に分泌されなくなった、エストロゲンを補充してあげるという

方法です。


その治療方法を、HRTといいます。HRTのメリットはその症状によって、エストロゲンのみを投与か、

その他のホルモンも一緒に投与するかなど、組み合わせてもらう事が出来るので、気になる症状に的確に効きやすいようです。


20代.30代などでの早期閉経の場合にも、将来の妊娠の可能性を考えて、ホルモンの投与をして、

排卵を促す目的で、このHRTが用いられる事が多いそうです。


その他にも、低容量ピル療法という方法もあります。

急激にホルモンの分泌が減るために、体が対応できなくて、更年期障害が起きます。

低容量ピルで、女性ホルモンを安定させておくと、いざホルモンが分泌されなくなった時に、

体が緩やかに対応出来る為、症状が最小限に抑えられるようです。


低用量ピルは、副作用の少ない薬ですが、喫煙習慣があると、血栓症を引き起こす可能性がある為に、

処方してもらえない場合があるそうです。


両者ともに、ホルモンバランスが整うと、お肌が綺麗になったりと、嬉しい効果も期待できるようです。

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ
自宅ではじめるアンチエイジング| プラセンタ辞典 水素水ナビ

更年期対策として女性ホルモンを整える方法について紹介しています。

Copyright © 2010 女性ホルモンを整える方法/更年期対策 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。